【RICOH】 imagio MP・MPCシリーズ PC側の共有フォルダの作成とコピー機側のアドレス帳の設定 (Windows 7)

RICOH imagio MP/MPCシリーズ複合機から、指定のコンピュータの共有フォルダにスキャンしたデータファイルを送信する機能をご紹介します。
複合機に、「何という名前のコンピュータの何という名前のフォルダに送信するか」を設定します。
複合機側の設定と、コンピュータ側の設定を合わせてご紹介します。
コンピュータのOSがWindows 7の場合は、このページをご覧下さい。

データ受け先PCの設定

  1. デスクトップ上またはスタートメニュー内のコンピューターを右クリックし、プロパティから『システムのプロパティ』を選択。

    図:データ受け先PC側の設定 01

  2. 『コンピューター名』と『ワークグループ名』をメモします。
    ここではコンピューター名は『ABC』、ワークグループ名は『WORKGROUP』です。

    ※重要 違って控えますと設定できませんのでご注意ください。

    図:データ受け先PC側の設定 02

コンピュータに共有フォルダを作成しましょう

ハードディスクドライブ ローカルディスク(C:)または、ローカルディスク(D:)の直下への作成をお勧めします。
フォルダ名は任意でかまいませんが、英数字の方が認識しやすいようです。
例)scan

※漢字の場合、完全一致しないと通信できません。
旧漢字ではうまく認識できないこともあります。

  1. コンピュータを開き、フォルダを作成します。
    まずローカルディスク(C:)またはローカルディスク(D:)を開きます。

    図:コンピュータに共有フォルダを作成しましょう 01

  2. フォルダを作成したいウィンドウが開きましたら、その中で右クリックし、「新規作成」→「フォルダ」を選択、
    『新しいフォルダ』が作成されます。
    フォルダ名を任意の名前に変更します。(例 scan)

    図:コンピュータに共有フォルダを作成しましょう 02

  3. 作成したフォルダを右クリックし、『プロパティ』を選択します。

    図:コンピュータに共有フォルダを作成しましょう 03

    『scanのプロパティ』の画面が開きます。

  4. 『共有』タブより『詳細な共有』を選択します。

    図:コンピュータに共有フォルダを作成しましょう 04

  5. 『このフォルダを共有する』へチェックを入れ『アクセス許可』を選択します。

    図:コンピュータに共有フォルダを作成しましょう 05

  6. 『Everyoneのアクセス許可』内の『変更』の『許可』へチェックを入れ、『適用』クリックし『OK』をします。

    図:コンピュータに共有フォルダを作成しましょう 06

  7. 『OK』を選択します。

    図:コンピュータに共有フォルダを作成しましょう 07

  8. 『scanのプロパティ』より『閉じる』を選択します。

    図:コンピュータに共有フォルダを作成しましょう 08

  9. フォルダが作成されました。
    フォルダを選択すると、画面下フォルダの状況(共有/共有ユーザー)を確認することができます。

    図:コンピュータに共有フォルダを作成しましょう 09

    〜参考〜 デスクトップへのショートカット作成方法

    フォルダを右クリックし、『送る』→『デスクトップ(ショートカットを作成)』

    図:デスクトップへのショートカット作成方法 01

  10. デスクトップにショートカットが、作成されました。

    図:デスクトップへのショートカット作成方法 02

このページのトップへ

複合機側

  1. 本体左上の『初期設定/カウンター/問い合わせ情報』を押します。画面より『システム初期設定』を選択します。

    図:複合機側 01

  2. 『管理者用設定』を選択し、『アドレス帳登録/変更/消去』を選択します。

    図:複合機側 02

  3. 新たに登録する場合は『新規登録』を選択します。

    図:複合機側 03

    ※宛先は既存の宛先を使用し、スキャナの送信先が変更の場合は、内容を変更したい宛先を一覧より選択します。

    3-1.《新規あて先登録の場合》

    (1)名前:変更キーを押し、宛先名を作成します。(使用者の名前など)

    (2)キー表示名:スキャナ画面に表示される宛先名です。(1)に入力するとキー表示名とヨミガナは自動的に入力されます。

    (3)登録番号:アドレス帳の空き番号順に自動採番されます。(番号の重複にご注意ください。)

    (4)見出し選択:五十音で検索することがある場合は選択します。

    (5)記入完了したら右上の『認証情報』を選択します。

    図:複合機側 03-02

  4. 『認証情報』を選択し、右下の『▼ 次へ』を押します。

    図:複合機側 04

  5. 『フォルダー認証』より、『別の認証情報を指定』を選択します。

    図:複合機側 05

  6. 『ログインユーザー名/ログインパスワード』が表示されます。
    『変更』キーを押し、コンピューターのログインユーザー名を入力します。

    図:複合機側 06

    ※不明の場合はログインユーザー名の確認方法にて『USERNAME』を確認してください。

  7. キーボードが起動し、PC起動時の『ユーザ名』を入力します。
    例)administratorと入力(大文字/小文字は関与しませんが全角/半角は関与します)

    図:複合機側 07

    ※PCを立ち上げるときにユーザ名・パスワードが設定されている場合は、『 administrator 』 ではログインできない場合があります。
    その際は、コンピュータにログインするときのユーザ名を入力します。

  8. ログインパスワードの『変更』を押します。

    図:複合機側 08

  9. ログインパスワードはコンピューターにログインする際のパスワードを入力します。
    この場合、完全一致ではないとログインができませんのでご注意ください。
    パスワードは、確認のため2度入力します。

    パスワードが無い場合は空欄で『OK』を押します。

    図:複合機側 09

  10. 右上の『フォルダー』を選択します。

    図:複合機側 10

  11. 複合機とPCを接続するパス名を設定します。『変更』キーを押します。

    図:複合機側 11

  12. キーボードが起動し、パス名に『\\コンピューター名\フォルダ名』と入力します。
    例)\\ABC\scan

    図:複合機側 12

    ※\\コンピューターのIPアドレスで設定ができる場合もあります。

  13. あて先のパス名が出来上がりました。
    \\コンピュータ名\フォルダ名』となりました。
    右下の『接続テスト』で『成功しました』と表示されたら、確認キーを押し、『設定』を押します。

    図:複合機側 13

  14. あて先が出来上がりました。 『閉じる』を押します。

    図:複合機側 14

    ※表示が見えない場合は『▲/▼』にて確認できます。

  15. 『終了』を押します。

    図:複合機側 15

  16. 『終了』を押します。

    図:複合機側 16

    ※スキャナ画面より、送信テストをお願いします。

このページのトップへ