株式会社大塚商会

テクニカルサポート QQ-Webテクニカルサポート QQ-Web

QQ-Web > ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

Windows 7のメールソフトは
これを選ぶ

Windowsに標準搭載されたOutlook Expressを使っているというユーザも多いだろう。だがWindows 7には、メールソフトが標準搭載されていない。そのため、メールソフトに何を使ったらよいのか分からないという声も聞こえている。今回は、Windowsで利用できる代表的なメールソフトの特徴を解説する。

Outlook Expressの後継
「Windows Live メール」

Windows 7では、Windows Vista/XPで標準搭載されていたメールソフト「Outlook Express」は付属しない。その代わりとして、標準のメールソフトに推奨されているのが「Windows Live メール」だ。

Windows Live メールは、初期状態のWindows 7には搭載されていない。マイクロソフトのサイトからダウンロードしてインストールすることになる。もちろん、無料でダウンロード可能だ。

Windows Live メールは、マイクロソフトのインターネットサービス「Windows Live」の1つの機能として提供されるので、予定表(カレンダー)やアドレス帳など、ほかのサービスとも連携している。つまり、Windows LiveのIDを取得してインターネットに接続すれば、どこにいてもWebブラウザで予定表の確認やアドレス帳の閲覧などを行うことができるのだ。

ただし、Outlook Expressからの移行は少々面倒だ。自動で移行できるのはメールデータのみで、アドレス帳やアカウント情報は、Outlook Expressで個別のバックアップをしてからWindows Live メールへインポートする必要がある。

■Windows Live メールの特徴

  • 複数の電子メールアカウントを管理できる
  • Hotmail、Gmail、YahooメールなどのWebメールにも対応
  • オンラインの予定表(カレンダー)やアドレス帳と連動
  • 迷惑メールフィルタを搭載
  • メールの本文をブログに引用が可能

Windows Live メールの画面

人気の無料メールソフト
「Thunderbird」

人気の高い無料のメールソフトに「Thunderbird」がある。最新版は「Thunderbird 3.1」(2010年9月現在)で、Mozilla Japanのサイトからダウンロードできる。

Thunderbirdの特徴は、大きく分けて2つある。まず、迷惑メールフィルタが充実している点だ。無料のメールソフトでありながら、学習型の迷惑メールフィルタやフィッシング詐欺メール警告機能が搭載されているのだ。Outlook Expressよりもセキュリティが充実しているため、Windows XPから使い続けているユーザも多い。

Thunderbirdのもう1つの特徴は、機能を追加・拡張できる「アドオン」と呼ばれるプログラムをサポートしている点である。アドオンは仕様が公開されているため、世界中の開発者が実にさまざまなアドオンを作成しており、Mozillaのサイトへ登録されている。

例えば、重複したメールを削除するものや、添付ファイルの付け忘れを警告するもの、プレビュー画面の表示をHTML形式にするものなどがある。また、スケジュール管理機能が追加できたり、画面デザインを大幅に変えることができるアドオンもある。

自分なりに好きなようにメールソフトをカスタマイズできる、その自由さがユーザの心をしっかりとつかんでいるようだ。

■Thunderbirdの特徴

  • 充実したセキュリティ機能
  • アドオンで好きなようにカスタマイズできる
  • 複数の電子メールアカウントを管理できる
  • 動作が速く、安定している
  • Outlook Expressからの移行が簡単

Thunderbird 3.1の画面

スケジュール管理が充実の
「Outlook」

マイクロソフトの有料メールソフト「Outlook」は、業務でメールを使うユーザにとっては定番のアプリケーションと言える(現在の最新版は「Outlook 2010」)。

Outlookの最大の特徴は、スケジュール管理が充実している点だ。例えば、複数の予定表を作成し、それを並べて表示できる。企業内で複数の部署やグループなどに所属しているとき、この機能を使うことでスケジュール管理が効率よくできる。

また、初期設定ではメール画面の横にカレンダーが表示されており、日付をクリックすればスケジュールを入力でき、さらに入力済みの予定は分かりやすく表示される。また、会議などの日時が入った受信メールをカレンダーの日付にドラッグ&ドロップすれば、そのスケジュールを入力することも可能だ。メールとの連携が実に簡単にできる。

無料で提供されている「Office Outlook Connector」をインストールすれば、Windows Liveサービスのカレンダーを利用でき、また携帯電話会社が提供しているデータ転送ソフトを利用すれば、携帯電話やスマートフォンと予定表とを同期することも可能だ。

Outlookは有料のソフトだが、Office製品の一つとしてプレインストールされているパソコンも多い。とても機能の多いメールソフトだが、自分なりに便利に使いこなしたい。

■Outlookの特徴

  • スケジュール管理機能が豊富
  • 複数の電子メールアカウントを管理できる
  • 迷惑メール機能が充実
  • モバイルでスケジュールを管理できる
  • Outlook Expressからの移行が簡単

Outlook 2010の画面

メールとスケジュールの連携
受信メールからカレンダーへとスケジュールを簡単に入力できる


Outlook Expressからの移行はソフトごとに対応が異なる

使い慣れたOutlook Expressからほかのメールソフトへの移行は、ソフトごとに対応の方法が異なる。

自動移行できるデータは下表のとおり。同じマイクロソフト製のWindows Live メールに自動移行できるデータは少ない。また、仕分けのルールはすべて手作業で行う必要がある。

なお、メールソフトを新しくした場合、しばらくの間は古いソフトと併用することをおすすめする。新しいソフトは使い勝手が違うため、なかなか慣れなくて作業効率が落ちることもあるからだ。元のソフトに戻したい場合でも、それを削除してしまったあとでは再び以前の状態にするのは大変。1カ月程度は新旧のメールソフトを併用してみてもよいだろう。

Outlook Expressから自動移行できるデータ

メールソフト

メールのデータ

アドレス帳

アカウント情報

仕分けルール

Windows Live メール

×

×

×

Thunderbird 3.1

×

Outlook 2010

×


(掲載:2010年10月)

関連記事

  • これでもう大丈夫。迷惑メールラクラク撃退法!!

    日々増え続ける迷惑メール(スパムメール)。今や全世界で送られているメールの90%が迷惑メールともいわれているくらいだ。受信するメール自体が少量なら、手作業で削除するのも苦にならないが、その数が数十通、数百通となると、完全に業務に支障をきたす恐れもある。そこで、迷惑メールを撃退するための効果的な方法を考えてみよう。

関連リンク

テクニカルサポート QQ-Web
↑ページトップへ戻る

掲載コンテンツの著作権は、株式会社大塚商会に帰属するものとし、掲載記事については事前の断りなく、掲載予定の中止もしくは記事の削除を行うことがあります。